ナチュラルガーデンって聞いたことはありますか?北欧風ガーデン、イングリッシュガーデン、フレンチガーデンとはどのような庭なのでしょうか?ここではオシャレなナチュラルガーデンに相応しいウッドデッキについても考えてみましょう。

ナチュラルガーデンとは?

農薬や殺虫剤をできるだけ使わずに、まるで自然に植物が植わっているような庭をナチュラルガーデンと呼びます。イギリス人のガーデンデザイナーが提唱したもので、環境にも優しい庭です。

シンプルながら温かみはしっかりと感じられる北欧風のナチュラルガーデンは、日本でも人気があります。

そんなナチュラルガーデン作りを初心者でも成功させる秘訣は、プラスチックなどの人工物はできるだけ見えないように工夫することです。素焼きの鉢を利用するなど、できるだけ自然に見えるように工夫しましょう。

もう一つの秘訣は、花壇などを作るときは直線が生じないように曲線を意識するということです。曲線を意識するだけで自然な雰囲気が十分に出ます。

北欧風ガーデンの特徴とは?

北欧風ガーデンの一番大きな特徴は、植物の自然の姿を楽しむ庭であるということです。イングリッシュガーデンにも似ていますが、違うのは植物を整然と並べるのではなく、森や林の中にいるような自然な印象でまとめるという点です。

ポイントとして、植物を左右対称に植えずにあえてアシンメトリーに植える、高低差のある植物を組み合わせて自然な印象を作る、といったことがあります。

また、多肉植物を寄せ植えにしたり、ハーブを使うことで落ち着いた印象の庭を作ったりすることもあります。

さらに、枕木やアンティークレンガを使って道や花壇を作ったり、缶やランタン、アンティークの小物などのガーデニング雑貨を組み合わせたりすることで、素朴な印象を醸し出すというのも北欧風ガーデンの特徴と言えます。 使用する植物や小物、素材の色をダークブラウン、ホワイト、モスグリーンといった、くすんだ色合いのものを使うとさらに北欧風の印象が与えられます。

イングリッシュガーデンの特徴とは?

イングリッシュガーデンは、18世紀にイギリスで確立された庭園の様式です。それまでの、幾何学的で人工的に美しく造形した庭造りとは違い、自然のままの姿を楽しむのが特徴です。

イングリッシュガーデンは素朴な自然の風景という印象はありますが、無造作に植物を植えるのではなく、植物の種類や花や葉の色、高さなどに決まりがあります。

イングリッシュガーデンの特徴となる植物は、ゴージャスで華やかなバラです。つる性のバラを使用したアーチは、イングリッシュガーデンらしい景色です。

ランベンダー、セージなどの、香りがよく花色の美しいハーブも、イングリッシュガーデンでは欠かせない存在です。

これらの植物は、手前から奥に高くなるように植えていくテクニックがよく使われており、プランターやベンチなども木製、テラコッタなどの陶器等の自然素材が使用されています。

フレンチガーデンの特徴とは?

フランスの田舎にある家のようなナチュラルな雰囲気があるフレンチガーデンですが、もとはイタリア式ガーデニングがフランスに伝わったことで生まれた「フレンチフォーマルガーデン」と呼ばれるガーデニングです。

フランスは平坦な地が多いので、水平方向に大きく広がり、シンメトリーなデザインや噴水、彫像、樹木などを組み合わせた幾何学的なデザインになっているものが多いのが特徴です。有名なものとしては、ベルサイユ宮殿などがあります。

昔ながらの日本造園とも相性がよいことから日本でも人気が高く、高低差のある植物を選ぶことで奥行きを出したり、空いたスペースにテーブルやチェアを置いたりすることで雰囲気を出すのがコツです。

オシャレなナチュラルガーデンにウッドデッキがおすすめの理由

ナチュラルガーデンは自然に植物が植わっているような庭です。自然な物で構成することが大事です。北欧風ガーデンは森や林を連想させるような庭です。キーワードはアシンメトリーで、素朴な印象を醸し出すような作りが特徴です。

イングリッシュガーデンはゴージャスで華やかなバラが入っているのが特徴です。ランベンダー、セージなどの、香りがよく花色の美しいハーブも、イングリッシュガーデンでは欠かせない存在です。フレンチガーデンはベルサイユ宮殿のように、幾何学的なデザインになった庭になります。 庭にアクセントをつける意味でも、一度ウッドデッキを考えてみてはいかがでしょうか。

環境と人に優しい再生木原料。WOODSPEC®グレイスデッキ

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!