ウッドデッキにはいろいろな使い方があるのをご存知でしょうか?その使い方を、シニア世代やお子様がいる家庭などの世代別、サンルームのある家庭やウッドデッキ下のスペースの活用術として考えてみましょう。また同時にタイルデッキとの比較もご紹介いたします。

お子様がいる家庭にウッドデッキがおすすめの理由とは

お子様がいる家庭ではウッドデッキを設置することにより、お子様の遊びの選択肢が広がり、のびのびと遊ばせることができるようになります。

ウッドデッキはお子様が裸足で歩き回っても怪我をする心配が少なく、夏になれば上でプール遊びもできます。泥汚れの心配もなく、少々汚れても水を流すだけで掃除できます。

ウッドデッキの種類は大きくわけて天然木と再生木の二種類があり、最近は木粉にプラスチックを混ぜて作った再生木が人気です。天然木には木の温もりがあります。一方再生木は防腐・防虫処理が不要で安全で、天然木さながらの質感を持つものも出てきました。

サンルームにウッドデッキがおすすめの理由とは

サンルームとは、屋根や壁をガラス張りにして、日光をふんだんに取り入れることができるスペースのことです。風雨や花粉を防げたり、リラックススペースとしても活用できたり、洗濯物を干したりと、たくさんのメリットがあります。

広い家なら一部をサンルームにすることも可能ですが、今までの生活空間を狭くしたくないという方は増築するという方法もあります。

増築する場合におすすめなのが、ウッドデッキ型のサンルームです。ウッドデッキでは木の温もりを感じながらリラックスタイムを楽しむことができます。

虫の発生が気になるという方には、防腐・防虫処理を施すことも可能ですし、再生木で作れば定期的なメンテナンスの心配はなくなります。

シニア世代にウッドデッキがおすすめの理由とは

歳を重ねると足腰が弱り、ちょっとした段差の上り下りを負担に感じます。そんなシニア世代におすすめなのがウッドデッキです。

ウッドデッキを設置することで段差をなくしてフラットにすれば、お庭への出入りも楽になります。ステップ、スロープ、手摺りの併用で、転倒も防止できさらに安全です。

ウッドデッキはシニア世代の主婦にも好評です。水に濡れた重い洗濯物を抱えて階段を上り下りするのは大変です。ウッドデッキなら室内から段差なく出入りでき、洗濯物の入ったカゴもそのまま置けます。テラス屋根をつければ、雨の日でも濡れずに洗濯物を干すことができさらに便利です。

またシニア世代はかがんだ姿勢での雑草の駆除や、植木の手入れが負担になります。お庭をウッドデッキにすれば、雑草が生えにくくなり、手入れの回数も減らせます。ウッドデッキを施工する前に地面をコンクリート敷にしたり、防草シートを設置したりすればより効果的です。

遠出が億劫になっても、ウッドデッキでお茶を飲みながらくつろぐだけでよい気分転換になります。

ウッドデッキとタイルデッキの違いってなに

デッキにはウッドデッキとタイルデッキがあります。ウッドデッキは天然木や再生木が使われているので、温かみのある見た目が大きな魅力です。

和風の家にも洋風の家にも相性がよく、天然木なら年月を重ねることで風合いが変化するので、深みが出るのも楽しみの一つとなります。また、木は加工がしやすい素材なので曲線的なデザインにも対応できます。

天然木はささくれの他にカビやシロアリのリスクがあり、定期的なメンテナンスが必要となります。

一方タイルデッキは高級感のあるモダンな印象に仕上がり、ウッドデッキに比べ明るい色合いが選べるのもメリットです。タイルなら木のようにささくれで怪我をする心配がないので裸足で歩いても安心です。 ただタイルデッキはウッドデッキに比べ、夏場の照り返しが強い側面がある他、雨などで濡れると滑りやすいというデメリットもあります。さらに、基礎を固めることが必須のタイルデッキは工期がかかります。

ウッドデッキのいろいろな使い方について

ウッドデッキがあると生活は一変します。まずお子様のいる家庭では、お子様が安全に汚さずに遊べるスペースとなります。サンルームがある家庭では風雨や花粉を気にせず使うことができます。またシニア世代がいる家庭では、段差が少なくなるというメリットがあります。洗濯物の扱いや庭の手入れも楽になります。デッキにはタイルデッキもあります。ウッドデッキとは違った印象の仕上がりになり、ささくれで怪我をする心配もありません。ただ濡れると滑りやすくなるという点や、工期が長くなるという点がデメリットです。 ご自身のライフスタイルに合わせて、心地よいデザイン空間をご検討ください。

環境と人に優しい再生木原料。WOODSPEC®グレイスデッキ

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!