ウッドデッキは、室内と屋外をつなぐ空間として、部屋の外に設置する広い縁側です。室外でありながら裸足や室内スリッパのまま出られる空間ですので、小さなお子様の遊び場として使われたり、洗濯物や布団を干すスペースとして使われたりもします。

それから、ウッドデッキでバーベキューをしたりビニールプールを広げたりと、ウッドデッキは夏の遊び場というイメージがあるかもしれません。

しかしながら、ウッドデッキは秋にも大活躍します。秋は、夏の暑さが和らぎ、外で過ごしやすい気候となります。そんな秋ならではのウッドデッキの楽しみ方もいろいろありますので、ご紹介していきます。

秋の夜長ってどういう意味?

「秋の夜長を鳴き通す ああおもしろい 虫のこえ」という歌の一節を覚えておられますか。これは小さなころに聞いた文部省唱歌の「虫のこえ」という歌です。この歌に出てくる「秋の夜長」とはどういう意味なのでしょうか。

「夜長」とは夜が長いことを指し、そこから秋が深まっていくにつれ夜が長くなっていく様子を「秋の夜長」と呼ぶようになりました。この言葉を使う時期は特に決まってはいませんが、二十四節気で言うと、9月23日頃の秋分から11月7日頃の立冬までの間を指すのが一般的です。

「秋の夜長」は秋の夜の過ごし方の説明や会話の中でよく使われる言葉です。例えば、「秋の夜長に読書をする」というような使い方をします。秋の夜長をウッドデッキで過ごしてみるのもおすすめです。

ウッドデッキでアウトドア!アウトドアをするのに秋がおすすめな理由とは?

アウトドアをするのに秋が良い理由は、日中の気温が適温で過ごしやすいということです。夏は熱中症の危険性があるため、屋外で長時間過ごすのに注意が必要になりますが、秋は心配なく長時間ゆっくりできます。また、蚊などの虫も夏より減るのもよいところです。さらに、秋は夜も魅力的で鈴虫などの虫の音を聞きながら夜空を眺めるのもよいです。

秋の魅力が分かったところで、秋のウッドデッキでのおすすめの過ごし方を紹介します。

ウッドデッキにも種類があり、ガーデンルームタイプや、ガーデンテラスタイプなどがあります。どのタイプでも、家の延長で居心地の良いお庭、アウトドアリビングとなります。秋にウッドデッキで読書などができるよう、ガーデンテーブルやチェアは耐候性の高いものを揃えておくのがおすすめです。

実りの秋なのでバーベキューコンロでバーベキューもよいです。秋はハロウィンもあるので季節に合わせたイルミネーションを取り付けてアウトドアリビングを楽しむのもよいでしょう。

秋にウッドデッキで読書をするのがおすすめの理由とは?

秋は暑さが和らいできて、夜には涼しく過ごしやすい季節になります。秋や春の気温は集中力を高めるのに丁度良く、読書をするのに適しています。ウッドデッキはそんな秋を楽しむのによい場所で、テーブルとイスを設置することで、癒しの空間ができあがります。

夜に照明をつけて読書するとゆったりと快適に秋の夜長を過ごすことができます。蚊などの害虫も少ないのでそれらを気にすることもありません。外で読書すると涼しい風に吹かれることができ、コオロギや鈴虫の鳴き声も聞こえてくると、秋らしい風情が感じられて気持ちがよいものです。秋は空気が澄んでいるので空が見えやすく、星も綺麗に見ることができます。

食欲の秋をウッドデッキで過ごすのがおすすめの理由とは?

ウッドデッキは秋に真価を発揮します。秋は多くの食材が旬を迎える「食欲の秋」です。気候もよくなるので屋外での食事をじっくり楽しむ時間が増えることでしょう。

たとえば庭でバーベキューをする機会も増えるでしょう。ウッドデッキがあれば、みんなで座って食べることができます。
またウッドデッキは部屋と庭を繋ぐスペースとして大きな役割を果たします。バーベキューでなくても、自宅のキッチンで調理したものをそのままウッドデッキに運べば、座って食事を楽しめます。空の下でありながら、室内と床続きのスペースですから、土足の庭で食べるより簡単に用意ができてくつろぎやすいことでしょう。日中であれば爽やかな風を感じながら,夜であれば夜空を見ながら家族や友人たちと食事をすれば特別な時間となるに違いありません。

お月見ってなに?お月見にウッドデッキがおすすめな理由とは?

秋と言えば、お月見です。お月見というと、お団子をいただきながら満月を眺めるというのが一般的なイメージでしょうか。十五夜に行うということも聞いたことがあるかもしれません。

十五夜とは、正確には旧暦の毎月15日の夜を指します。現在、一般的にいわれる十五夜は、旧暦8月15日の夜のことで、この日の月は中秋の名月とも呼ばれます。このお月見をウッドデッキで行うのはいかがでしょうか。

満月は日が沈むころに東から上り、南の高い空を通って西に沈んでいきます。日当たりの良い場所に設置することの多いウッドデッキは、お月見にも最適な場所といえます。ウッドデッキの良いところは腰かけられるところです。もちろん、ガーデンテーブルと椅子を置くことも可能です。目隠しフェンスを設置すれば、他人の視線が気になることもありません。プライベートな空間でゆったりとしたお月見を楽しみましょう。

ウッドデッキの秋の楽しみ方いろいろ

ウッドデッキは、室内と庭とをつなぐアウトドアリビングの空間です。秋になって涼しくなると、屋外で快適にのんびり過ごすことができます。秋には、蚊などの害虫も減ってきます。そこで、ウッドデッキは秋こそ様々な活用ができるスペースとなります。

バーベキューはもちろん楽しいですが、そうでなくても、キッチンで作った料理をウッドデッキに運んで食べるのもよいでしょう。照明や耐候性の高いテーブルとチェアを用意して、秋の夜長に読書をするのもおすすめです。
秋の虫の音を聴きながら過ごす夜は癒しの時間です。秋は空気が澄んでいるので星を眺めるのにも適していますし、十五夜にウッドデッキでお月見をするのもよいでしょう。あなたの好きな秋のウッドデッキの過ごし方をぜひ見つけてください。

環境と人に優しい再生木原料。WOODSPEC®グレイスデッキ

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!