今、エクステリアアイテムとしてウッドデッキが人気です。ウッドデッキとは、建物の前に室内と同じ高さに設置する、大き目の濡れ縁のことです。このようなウッドデッキはなぜ人気なのでしょうか。それは、さまざまな活用方法があるからです。

そのメリットについてまとめていきます。

お子さんの遊び場としておすすめ

ウッドデッキは、リビングから直接出入りできるセカンドリビングとして人気のスペースです。

例えば、お子さんが外に遊びに行きたがったとき、いつでも外遊びに連れていってあげられるわけではりません。かといって子どもたちだけで外で遊ばせるのは危ないのではないか、という心配も尽きません。そんなとき、ウッドデッキがあればお子さんは気軽に室外に遊ぶことができ、遊んでいる様子を室内から確認できるので安心です。

また、子どもは大人と違い、体温調節が難しいので、暑い夏の日にお子さんを長時間外で遊ばせているといつの間にか熱中症になってしまうということもありうることです。そんな場合も、例えばウッドデッキに屋根がついていれば、強い日差しを避けながら外で遊ぶことができます。

非日常を楽しむのにウッドデッキがおすすめな理由とは?

ウッドデッキは明るい木調色で独特の柔らかさがあり、憩いの時間を演出できるので、人をホッとさせる効果があります。ウッドデッキを設置することで、家の中と外が繋がったような感覚になる一方で、壁や天井もないので非日常的な開放感を味わえます。そのような開放感の中で寛ぐ時間は、五感が刺激され、リラックスできる非日常体験へと変わります。

洗濯物を干す場所としても利用できる

ウッドデッキはいろいろな使い方ができるスペースです。その中でも洗濯物を干すスペースに使うという活用法があります。

そもそも、洗濯というのは力仕事です。水を含んだ重い洗濯物を持ち歩くのは、なかなか大変な仕事です。重たい洗濯籠を持って庭やベランダに出るというのはそれだけで労力が必要なのですが、ウッドデッキなら段差をなくして設置できるため、重いものを持ちながらでも外に出やすくなります。またスリッパをはかなくても素足で出ることができますので便利です。洗濯機の場所が近ければさらに楽になります。

また、ウッドデッキは屋外に突き出した部分にあるため、日当たりや風通しは抜群です。そこに洗濯物を干せば早く乾きます。

もしウッドデッキに屋根をつければ、雨の日でも洗濯物を干すことができます。室内干しでは家の中がうっとうしくなりますが、ウッドデッキで干せば問題ありません。また急に雨が降ってきたときも、慌てて洗濯物を取り込む必要もありません。

庭の雑草対策にウッドデッキがおすすめな理由とは?

ウッドデッキの意外な活用方法として、庭の雑草対策があります。

雑草の種は風や動物などにより運ばれ、土と日当たりさえあればどこでも生えてきます。毎日のように庭に出る方は雑草を抜くのも簡単ですが、しばらく放置しておくと根もしっかりと張り、抜くのが大変になってきます。しかし、ウッドデッキの下は日光が遮断されるので、雑草が成長しにくい環境となります。

ただ、薄暗い所でも雑草は生えてきます。それを防ぐにはウッドデッキを設置する前の地面の処理を行うことが大事です。対策の一つに防草シートがあります。ただし劣化することもあり、切れ目などから雑草がまた生えてくる可能性は残ります。

防草シートを施し、その上に砂利を敷くという方法もありますが、完璧な雑草対策にはなりません。最も効果的なのはコンクリート打ちです。コンクリートを打つと完璧に近い雑草対策になります。下に空間ができるので、物の収納にも使えます。

DIYの作業スペースとしてもおすすめ

ウッドデッキの活用方法のひとつに、DIYの作業スペースがあります。DIYで一番大切なのは、作業をする充分なスペースを確保することですが、室内で作業をしようとするとなかなか難しいものです。

また、室内では匂いがこもったり、床などを汚したりしがちな作業も、屋外ですることができます。

作りかけのものを乾かしたり、次回の作業まで置いておいたりする場合も、ウッドデッキの上なら気安く置いておくことができます。木くずなどが出てもそのまま掃き出してしまえるので、気軽に作業を進められます。

このように、ウッドデッキでDIYに取り組めば、部屋を汚したり匂いがこもったりせず、広い場所でスムーズに作業を進められてストレスが少なくなります。

あなたならどう使う?ウッドデッキの活用法は千差万別

ウッドデッキは室内と屋外をつなぐスペースですが、様々な利用方法があります。

たとえば、お子さんのいるご家庭なら、お子さんの遊び場として最適です。室内から様子を見守りながら、お子さんを広いスペースで遊ばせることができます。

それから、洗濯を干すスペースとしても活用できます。日当たりや風通しが良いことはもちろんのこと、裸足のまま干しに出られるので重たい洗濯籠を抱えていても便利です。ウッドデッキに屋根をつければ、急な雨でも心配ありません。

他には、DIYをする方にとってもウッドデッキは作業スペースとして最適ですし、ウッドデッキを設置することで庭の雑草が生えてきにくくなるなどのメリットもあります。

このように、ウッドデッキは様々な活用方法があります。あなたの暮らしをよりよくしてくれるウッドデッキの使い方を考えてみてください。

環境と人に優しい再生木原料。WOODSPEC®グレイスデッキ

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!