ルーバーを設置する目的で大きなウエイトを占めるのは何でしょうか?風通しや採光はもちろんですが、目隠し目的でルーバーを取り付ける方が結構いらっしゃいます。ここではルーバーを目隠し目的で設置するのにおすすめの場所について考えてみましょう。

キッチンの窓や勝手口でルーバーによる目隠しがおすすめの理由とは

主に窓に使用されることが多いルーバーですが、羽板の角度次第で外からは見えにくく、内側からは外を確認しやすくできる、という特徴も兼ね備えています。

このような特徴から1Fまわりにルーバーを設置するのがおすすめです。ルーバーであれば適度に室内に光や風を取り入れることができるのはもちろん、隣家や道路からキッチンの様子を覗かれたりする心配も軽減できます。

キッチンに立つ方の目線からは特別な角度で見なければ外は見えません。そのため調理中も外を気にしすぎることなく作業できます。

また勝手口にルーバーを設置することもおすすめです。

特に、ゴミ出しなどのちょっとした用件で勝手口を開けることは頻繁にあります。このような場合もルーバーを利用すれば、風通しや遮光性を維持しつつ、必要に応じて目隠しを行うことができます。

お風呂の窓でルーバーによる目隠しがおすすめの理由とは

普通、お風呂の窓はすりガラスが張られています。これでも日中の目隠し効果はあります。しかしお風呂に入るのはたいてい外が暗くなった夜です。暗い場所からは明るい場所が意外とよく見えるものです。お風呂の窓を通してのシルエットは、実はよく見えているのです。

お風呂は緊張感無く入りたい空間です。外から見えないかを気にしながら入るのは非常なストレスになります。

その場合にルーバーを設置すると、日中は風通しと採光、夜間は目隠しという機能の使い分けができます。

お風呂は、ルーバーの設置でリラックスしてゆったりと入れる場所にしましょう。

洗濯物を隠すのにルーバーがおすすめの理由とは

家はできるだけプライベートな空間でありたいとは、誰もが思うことです。例えばベランダやテラス、お庭で洗濯物を干すことは毎日のようにあります。しかしできればどのような物を洗濯し干しているのかということは、他人には見てほしくはありません。

実は洗濯物から居住者の情報を読み取ることができるのです。一人暮らしなのか、家族がいるのか、小さなお子様がいるのか、住んでいる方の年齢層といったことがある程度分かります。

そこで考えるのが目隠しをすることです。目隠しをするためのアイテムには竹垣やグリーンなどがありますが、最近よく使われるのが風を通すこともできるルーバーです。

ルーバーの素材にはアルミ、天然木、人工木、ガラスなどがありますが、中でも人工木のルーバーは目隠し効果だけでなく耐候性・質感に優れたものも多く、周囲ともよくマッチします。

玄関ポーチで目隠しにルーバーがおすすめの理由とは

玄関を出るとすぐ道路という家は近年増えています。しかし、視界の中で動く物があるとついそちらに視線を移してしまいがちで、出入りする際に、通行人と目が合ってしまったり、中を見られたりということはよくあります。

また、見えやすくなっている玄関は、在宅か留守かが判断しやすく、犯罪のターゲットになる可能性を高めてしまいます。

お子様が勢いよく道路に飛び出してしまい事故に遭ってしまう危険もあります。

これらの問題をすべて解決する手段にルーバーがあります。 お子様の飛び出しに関しても、玄関前にルーバーを設置することで、自然と駆け出す足が止まり安全です。

庭で目隠しにルーバーがおすすめの理由とは

庭や外壁などの外構にもルーバーは使われます。特に庭はリラックスできる場所であり、余り外からは覗かれたくありません。

そこで登場するアイテムがルーバーです。外壁では完全に視線を遮断できない場合、ルーバーで目隠しをしてみましょう。ルーバーなら風通しもよく、内側からの声も外には聞こえにくくなります。

目隠し目的でルーバーを設置するのにおすすめの場所とは

家の中にはできれば目隠しをしたいという場所が結構あります。キッチンでは窓を通し外からは見られず調理に集中したいものです。勝手口はゴミ出しなどで意外と出入りは多くなります。お風呂は夜になるとすりガラスでは中の様子が意外とよく分かります。干した洗濯物からは家族構成が分かり、犯罪につながりかねません。玄関ポーチと道路の間隔が狭い家が多くなり、通行人からの視線も気になります。このような諸問題を解決できるアイテムがルーバーです。すでに設置された方のお話も参考に、目隠し目的で随所にルーバーを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

軽量で施工性も良好な人工再生木ルーバーWOODSPEC®フェザールーバー

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!