家を建てるなら、あるいは今住んでいる家をもっと素敵にしたいなら、エクステリアにもこだわってみませんか。エクステリアとは、インテリアの対義語で、屋外の設備のことを指します。具体的には、門扉や門柱、フェンスやガーデンルームなど、様々な屋外設備がこれに当たります。

さて、エクステリアの中でも、門扉や門柱、カーポート、デッキ、テラスなど、屋外構造のことを外構と呼びます。外構は、いわば家の顔になりますので、家を建てる前やリフォームの前に、どんな家にしたいのかイメージしながら、具体的に考えていくとよいでしょう。ここでは外構について詳しくご紹介していきますので、これから家を建てる方やリフォームされる方、是非参考にしてみてください。

エクステリアってなに?

家屋におけるエクステリアとはどのようなものかご存知ですか。エクステリアという言葉は聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、エクステリアの対義語はインテリアです。室内装飾という意味のインテリアなら知っているという方も多いでしょう。

さて、インテリアとは逆の言葉であるエクステリアは、単純には屋外の設備を示しますが、意外にその要素はたくさんあります。具体的に礼をあげていきましょう。

まず、家の顔ともなる門扉があります。門扉から家屋までの通路を表す玄関アプローチもエクステリアのひとつです。

塀は、門扉と同じように道路と家、また隣家との境界となる囲いです。フェンスも同様です。

自家用車を雨風や直射日光から守る屋根を表すカーポートも、エクステリアのひとつです。

このように、エクステリアには様々な要素があります。家全体の印象を考えつつ、必要なエクステリアを備えていきましょう。

外構ってなに?エクステリアとどう違うの?

一戸建てを建てるとき、大抵の方は家の中のことをあれこれ考え、家の中の設計で力尽き、場合によっては資金も尽き、家の外は適当になってしまいがちです。しかしながら、道行く人、訪ねてくる人からまず見られるのは外側なので、こちらにも余力を残しておくべきです。

家の外周りを考える際に耳にするのが「エクステリア」や「外構」といった用語です。「エクステリア」が示すものと「外構」が示すものには少し違いがあります。

「エクステリア」は外周りの構造物、設備、空間などを含めた環境全体を指します。一方、「外構」とはエクステリアの中でも外周りの構造物を指します。外構の具体例をあげれば、塀、側溝、アプローチ、門扉、庭、植栽などがこれにあたります。

好みや家に対する考え方でどういったものを選ぶかは人それぞれですから正解はありません。素材やデザインなど様々見たうえで、必要なものを選びとるとよいでしょう。

エクステリアを構成する門扉ってなに?

エクステリアを構成する門扉とはどういうものなのでしょうか。住宅における門扉の意味について考えてみましょう。

住宅や建造物などに入る時、最初に通過する部分が門扉になります。建物の出入口にあり、道路と建物との境界線に設けられているのが一般的です。門扉は住宅などの建物の外観イメージを左右する、いわば「住宅の顔」にもなる部分です。その建物を見た時に、最初に目につく部分で、訪問する人に住宅の第一印象を与える部分となります。

門扉を設ける目的としては、外から覗かれるのを防ぐプライバシー保護や、子どもやペットが飛び出したりするのを防ぐ安全上の目的などがあります。

エクステリアの一部であるため、門扉の選び方一つで住宅のイメージは大きく変わります。

構造上では開き方で種類が分かれます。門扉の開き方には、内開き、外開き、親子開き、折り戸、跳ね上げ式、アコーディオン式などがあります。門扉は頻繁に手入れする必要が無いように性能の高い素材が使われています。よく使われる素材として、アルミ、ステンレス、天然木、人工木などがあります。

エクステリアを構成する門柱ってなに?

エクステリアを構成する門柱とはどのようなものなのでしょうか。その役割には何があるのでしょうか。ここでは門柱について考えてみましょう。

門柱とは、一般に住宅と道路との境界にある柱のことです。通常は門の両サイドに、門扉を支えるように存在します。ただ最近は、門扉を設置しない独立した門柱も多く、アプローチでのデザイン性を追求したアクセントとする使い方も増えています。

門柱には通常、ポスト、表札、インターホン、照明などが取り付けられています。

門柱の役割には、しっかりとした境界を作ることで所有する部分を明確にする、防犯効果が高まり犯罪を抑制する、などがあります。ただ、配達などで訪問する人は、門扉を開けて中まで入らなくても、インターホン越しで居住者と会話ができるという便利さもあります。

門柱にはさまざまな種類があり、家のエクステリアと合わせて設置したり、テイストを加えて見た目をよくしたりすることで楽しめるのもよい点です。

門柱には、コンクリートブロック製の門柱、タイル製の門柱、左官仕上げの門柱、アルミなどを使った機能性に特化した門柱などがあります。

家の外周りについて知っておこう!エクステリアと外構まとめ

一戸建てを考えるとき、家の中だけでなく、外周りにも気を配るべきポイントがたくさんあります。屋外装飾のすべてをまとめてエクステリアと呼び、エクステリアの中でも外部の構造物を外構と呼びます。

外構には、門扉や塀、アプローチ、庭、カーポートなど、さまざまなものが含まれます。外構のひとつひとつには、道と敷地を明確にする境界線になったり、内部を見えにくくしてプライバシーを保護したり、屋内から子どもやペットが飛び出さない安全面の確保をしたりと、様々な役割があります。それぞれの素材も様々なものがあります。

外構ひとつひとつの役割や目的を理解したうえで、家全体の雰囲気を考え、気に入った外構を選んでいくとよいでしょう。

軽量で施工性も良好な人工再生木ルーバーWOODSPEC®フェザールーバー

環境と人に優しい再生木原料。WOODSPEC®グレイスデッキ

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!