和モダンハウスとはどのような住宅のことかご存知でしょうか?最近話題の住宅ですが、これまでの「和」の住まいに、現代的なエッセンスを加えた住宅になります。そんな和モダンハウスにルーバーがおすすめだと言われています。その理由を考えてみましょう。

和モダンハウスの和モダンって何?

日本の伝統(和)と、洗練された現代的なもの(モダン)を融合したものが和モダンで、ただの和風とも洋風とも異なり、両方のよさを持つデザインになります。

外装に瓦や白壁、内装にむく材や白壁・珪藻土を使います。そして畳や障子、襖などの和のテイストの建具・家具を、積極的に取り入れたデザインのことを和モダンと言います。

「心地よさや温もり、和むような住宅を追求していくと、いつの間にか和モダンな住宅になっていく」と建築家が言うように、日本人の感性にぴったりなのが和モダンな住宅です。

和モダンハウスの特徴とは?

畳や障子のある和室は日本人が落ち着ける癒し空間ですが、ベッドやテーブルといった現代のライフスタイルとはなかなか合いません。

しかし和モダンハウスでの暮らしであれば、和と洋のよい点を取り入れることが可能です。外観は黒や茶といった和のカラーが特徴となるのが和モダンハウスです。

昔ながらの土間や縁側、襖や畳は和を感じられてどこか懐かしくホッとさせられる空間です。そういった伝統的な空間を、現代の暮らしに上手く溶け込ませた住宅が和モダンハウスです。

障子に映る葉の影の美しさ、格子から差し込む光や風にわびさびを感じる和を取り入れた和モダンは、日本人にとってくつろげる空間を存分に演出できるデザインです。そのデザインを取り入れた和モダンハウスは、現在の日本人の憧れでもあります。

日本的な建物の古民家をリノベーションする場合、柱や梁などの和の要素をそのまま活かせば、新築住宅にはない趣を味わいつつ、和モダンなインテリアを取り入れやすくなります。

和モダンハウスの注意点とは?

センスの高いおしゃれなデザインで人気の和モダンハウスですが、そのデザイン性だけで選んでしまっては失敗することもあります。これから和モダンハウスを建てたいという場合、どういう点に注意すればよいのでしょうか。

和の住宅に欠かせない障子は、その見た目の美しさだけでなく、光を適度に取り込み適度に遮るという機能も備えています。しかしその一方、防音という点では不十分なので、防音用の壁などを使うことも考えて下さい。

土壁は、土が乾く過程でひび割れが発生するため、定期的なメンテナンスが必要になります。最近人気のある土間は、コンクリートがむき出しの状態のため、冬は寒く夏は暑くなりやすいので空調の機能が必要です。

和モダンを考えるにあたっては、外観を決める際にイメージを言葉だけで伝えようとせずに絵や写真で伝え、食い違いが起こらないようにすることが大事です。

ルーバーって何?

ルーバーとは、細長い羽板(はいた)を枠組みにすき間を開けて平行に組んだものです。羽板の角度によって雨・風・光・視線などを遮断したり透過したりできるため、窓、柵、塀などの他、照明器具やエアコンのカバーなど、住宅のいろいろな箇所で使われています。

ルーバーには、羽板が横に並んだ横型ルーバーと、縦に並んだ縦型ルーバーがあります。ほとんどの場合、羽板の角度を調整できる可動式のルーバーが取り入れられています。

鎧戸とかガラリと呼ばれることもありますが、鎧戸とはクローゼットなどで開閉できるルーバーを、またガラリとは扉になっておらず、はめ殺し窓に使われるルーバーを指します。ルーバーの素材としては、天然木、アルミ、ガラス、人工木などがあります。 最近は直射日光の遮断、外からの視線の遮断、防犯対策など、広い目的でルーバーが使用されるようになっています 。

和モダンハウスにルーバーがおすすめの理由とは?

さまざまな目的で取り付けられるルーバーですが、もう一つの目的に住宅のデザイン性をあげるということがあります。即ち、ルーバーが美的な刺激としても機能するということです。

ルーバーを居住空間にデザイン性向上の目的で使用するアプローチはいろいろあります。ルーバーは洋風のイメージがありますが、和モダンハウスに取り入れるというアプローチの仕方も面白いです。

例えば、ダークグレーの重厚感のある外壁の小さな空間に、木製の縦型ルーバーを取り入れると、メリハリのある和モダンハウスのたたずまいが誕生します。

室内では開放感のある空間にルーバーを取り入れると、プライバシーの保護やパーティションの役割を、不自然さを与えずに実現できます。

ちょっとした箇所にルーバーを設けるだけで、家全体のおしゃれ度がグッと高まります。和モダンハウスには天然木のルーバーがよく合います。木の持つ温もりや香りを味わうと心も癒されます。

まとめ

和モダンハウスとは、和とモダン両方のエッセンスを取り入れて建てられた住宅です。日本の伝統的な建築要素と、現代的なデザインや機能性の共存するデザインになり、和風とも洋風とも一味違った雰囲気になります。

和モダンハウスを考える場合、デザイン性に加え、音、温度、プライバシー、メンテナンスなどの点も考慮する必要があります。

最近、マンションや戸建てで随所に取り入れられているのがルーバーです。取り入れる目的には雨・風・光・視線などを遮断したり透過したりすることがありますが、住宅のデザイン性を上げるために使うのが流行りです。洋風のイメージがあり機能性にも優れたルーバーなら、和モダンハウスにはぴったりのアイテムです。

軽量で施工性も良好な人工再生木ルーバーWOODSPEC®フェザールーバー

資料サンプル・
お問い合わせ

無料サンプルで品質をお確かめいただけます!